前鳥神社 > 境内を歩く

境内を歩く

ケヤキに囲まれた緑豊かな前鳥神社は、平塚八景の一つに数えられています。境内に併設されている、さきとり幼稚園の園児が境内で遊んでおり、参道には木洩れ日がふりそそいでいます。また、御社殿の他に石牌や句牌など様々なものをみることができます。

弟橘媛命(おとたちばなひめのみこと)の碑、日本武尊のお后、弟橘媛命が尊を救うべく入水した際に詠まれた歌の碑。

天照大御神をお祀りする神明神社、須佐之男命をお祀りする八坂神社の二社をお祀りする神社。

この松は稀に四本の葉をつけ、
その松葉を身につけると幸せになるといわれている。

百済の王子阿直岐と博士王仁、そして菅原道真公を御祭神とする奨学の神社。

氏子崇敬者の各種研修会、講演会等に使われる研修殿を備えた社務所。

昭和天皇の御即位を記念して造営された。

書家の田中真洲先生が神社に論語・千字文を奉献された記念にその筆墨を納めた塚。

当地から出征し、戦場に散華された人たちの慰霊碑。

御鎮座1600年祭で復元された勧学の鐘。

花の栽培生産者会である大野花き部会の花の御霊を慰め奉る碑。

書家近藤雪竹先生を門人の田中真洲先生らがその功績を称えた碑。

歴代の宮司をはじめ神社に対し特に功績のあられた方々の御霊をお祀りしている。

川戸飛鴻は伊勢原市に生まれた詩人。俳誌「石楠」にて活躍。
平塚に長く住んだ。

萩原夏絵は東京神田の生まれ。平塚に移り、後進の指導にあたった川柳作家。

神札や御守を授与する場所。

古事記に伝えられている天祖三神を称えた碑。

写真の前鳥神社大神輿の他三基の神輿を収蔵しております。

交通安全祈願。車をお祓いする場所。

PAGE TOP